毎日をキラキラ輝かせてくれる、女の子のHappyが詰まったサイト、女子ュラン!

女子ュラン

毎日をキラキラ輝かせてくれる、女の子のHappyが詰まったサイト、女子ュラン!

  • 2017/09/18 >>
  • Love

心理学的な恋愛小技を活用しよう!

ライター:cosmos

  • 心理学的な恋愛小技を活用しよう!|女子ュラン

人間は複雑な生き物でもありますが、反対に以外と分かりやすい部分も持ち合わせているところもあります。
自分でも気づいていないうちに他人のしぐさや印象に影響を受けているという場合も多々あります。
そこで今回はそんな人の心理的な傾向を知って恋愛に活かす知識や小技をまとめてみました!



友人から友達になるには


まず、いろいろな小技を使用する上で知っておきたいのが、人は本能的にどんな相手に惹かれやすいかということです。
人間が複雑ですから、全てがこれだけで決まるとは言い切れませんが、基本原則として自分の異なるタイプに魅了されるという心理があります。
これは生物学的に自分と異質な異性と子孫を残す方が子供に様々な能力が備わるため、遺伝子的に有利だということが関係しているようです。
つまりまず友人から恋人になるために必要なことは相手が自分とは何か違う魅力を持っているということをアピールする必要があるということになります。
しかしながら人間は動物と違い、ただ恋愛関係になるだけでなく、それ以上に親密になったり、家族関係に発展することもあります。
その場合には異性としての魅力だけでなく、家族に近いような親密な感情もまた必要になってきます。
よって恋愛に発展したなら趣味が同じであるなど一緒にいて落ち着けるなどの心理が大切になってくるのです。
つまり恋愛は最初は興味などの「印象」が大事であり、その後の関係の発展にはもっと穏やかな「内面的な魅力」が重視される傾向になるということなのです。



出会いの印象に関する小技情報


上記のように恋愛の最初の段階においては「印象」というものが非常に重要になってきます。
よく第一印象で全てが決まると言いますが、あの言葉は真実に非常に近いものであると言えます。
そこでここからは恋愛における印象でためになりそうな情報をいくつかピックアップしていこうと思います。



シンメトリー効果と異性に好まれやすい色


初対面の時は内面的な情報がありませんから、相手の見た目が非常に強く印象に残る時でもあります。
そんな時は服装などが非常に重要な判断材料となりますから、少しでも相手に与える見た目の知識について知っておいた方が良いでしょう。
例えばこれは自然でもより左右対称な物に対して美を感じるというもので「シンメトリー効果」というものですが、人間においても効果があるようです。
同じ服装などでも左右の柄が違うものなどはこの法則から遠ざかる傾向があるため、最初はあまり美的なイメージを与えないようです。
お化粧などにもこの法則は作用しており、なるべく左右対称になるようにメイクを活用すると相手に好印象を与えやすくなります。

さらに服の印象として強いのが「色」ですが、やはり恋愛に有利なのは女性も好むことの多いピンク色です。
このピンクは霊長類の雄などが発情期のメスを見分ける判断材料となる色ということで、人間にも未だにその本能が残っているのだそうです。
しかしながら女性でもピンクは可愛すぎると思う人や、異性の前でピンクを身に付けるのは好意が見え見え過ぎる・・という人もいるでしょう。
そのような人は暖色系でパステルカラーなどの淡い色合いの服を着ると良いそうです(例えばパステル系のオレンジなど)こうすることで赤系の色にさらに白の優しい印象などが加わってより接しやすい印象となります。
また、恋愛においてはこのような暖色系が有利であるとされていますが、青系でも水色は例外で元々、青は男性が好む色である上にそこに白の穏やかさ優しさが加わることで非常に好印象を与えることができるとされています。
水色は清涼感、清純、初々しさなどを与える色であり、女性のアイドルなどが舞台衣装で身に付ける色としても多い色です。
さらにこれは高度なテクニックではありますが、女性が堅い印象を持たれがちな濃い青や紺を身につけながら、内面的には女性らしい魅力をアピールすることができれば非常に良いギャップ的な印象を与えることも可能です。



頭が良い、しっかりしているイメージは時として不利


食事会などでは女子力が大切と言われ、ついいろいろと気を回してしまうこともありますが、時にはそれがいき過ぎて逆効果になってしまう場合もあるようです。
男性は本来、女性より優位に立ち、自分が引っ張っていきたいという本能や自分のプライドを満たしたいという願望があることが多いとされ、あまりにも女性の気が利き過ぎたり、できる人と思わせるとその面を刺激されにくいのです。
よく天然ボケで可愛い女の子はモテるといいますが、あれはこの男性の本能的な面をくすぐるためとされています。
しかしながらあまりにも何もしないのは異性にも同性にも印象を悪くしてしまいますので、食事会や飲み会では適度な気遣いを見極めることが必要でしょう。

また、食事会などで相手の気持ちを確かめる方法としてしっておきたいのが「4秒見つめる」という心理的な見極め方法です。
この4秒に相手が自分に異性として自分を見ているかが透けて見えてしまうそうです。
人間は好意のある異性とは自然に目が合ってしまうという習性があり、もしこの4秒間ですぐに相手が目を反らすようなら残念ながら現時点では脈なしということになります。
相手の気持ちを知りたい時に使える小技テクニックです。



まとめ


いかがでしたか?人間は複雑に見えて雰囲気や印象などに簡単に印象づけられてしまう
面があるようです。
ぜひ心理学的なテクニックを恋愛にも活用してみてくださいね。

参考
http://newstyle.link/category4/entry2399.html
http://karedeiino.coresv.com/josei13-13.html
http://bettercolors.com/archives/1266

ライター:cosmos

元々は占い師志望だった30代女子です。駆け出しのフリーライターとして現在バリバリと仕事中。
得意な執筆分野は占い、ミステリー系などちょっと不思議系が多いです。