毎日をキラキラ輝かせてくれる、女の子のHappyが詰まったサイト、女子ュラン!

女子ュラン

毎日をキラキラ輝かせてくれる、女の子のHappyが詰まったサイト、女子ュラン!

アクセサリーとしてもお守りとしても素敵なメダイ

ライター:cosmos

  • アクセサリーとしてもお守りとしても素敵なメダイ|女子ュラン

最近一部の芸能人や海外のセレブ達が身に付けていることで話題なのがメダイです。日本人にはあまり馴染のない物ですが、外国などではアクセサリーである他にもお守りとしてよく知られているのがこのメダイなのです。そこで今回はそんな様々なメダイについて御紹介したいと思います。



メダイとは


メダイとはポルトガル語で、英語ではメダル、フランス語ではメダイユと言われます。
意味としてはそのままメダル、もしくはコインなどといったイメージの物になります。
キリスト教圏などでは聖人や天使、聖母マリアなどと関連づけられることが多く、アクセサリーとしてだけでなくお守りといった用途でも身に付けられます。



有名なメダイ①不思議のメダイ


世界的に有名なメダイの一つがこの不思議のメダイ、別名無原罪の御宿りのメダイです。
このメダイはカタリナ・ラブレという修道女が体験した幻視が元になって作られた物だそうです。
その話によれば1830年のある日のこと、修道院にいたカタリナの元に聖母マリアと思われる人物が現れ、カタリナに使命を授けるといった趣旨の言葉を残します。その後も聖母はカタリナの前に現れ、自分の姿を模したメダイを身に付ければ人々が恩寵を受けるということを司祭に伝えなさいと言ったとされています。
その時の聖母の姿を元に作られたのが不思議のメダイです。
逸話ではこの2年後パリでコレラが大流行し多くの死者を出しましたが、人々に2000個のメダイが渡されると不思議なことにこの病気たちどころに収束に向かったと伝えられています。
そのような話もあり現在では不思議のメダイや奇跡のメダイと呼ばれ世界中の人々に愛好されているのだそうです。
カタリナの前に現れたマリア様が言うにはこのメダイを身に付けて祈ればキリスト教徒であるなどに関わらずその恩恵を受けられるということのようです。
パリの奇跡のメダイ教会で販売されているものがオリジナルのようですが、正規の物でなくてもこのデザインならば誰しも加護を頂けると言われています。



有名なメダイ②ルルドの聖母のメダイ


こちらは同じ聖母マリア様のメダイでもまた違う場所に現れた時の物です。
この話は1858年のフランスの小さな村ルルドで起こった出来事が元になっています。
当時、村の洞窟の近くで薪拾いの仕事をしていた14歳の少女、ベルナレッダが不思議な女性に遭遇します。彼女はこの存在が何者か分からず、最初はあれ(アケロ)と呼んでいましたが、ベルナレッダが話す女性の姿を聞いた人々がこれは聖母マリア様ではないかと噂するようになりました。そこで村の司祭がベルナレッダにその存在に名前を聞いてくるように言うと少女にその存在は「無原罪の御宿りである」と告げたそうです。
これは現在、聖母マリアを言い表す時のよく使用される言葉です。しかし当時、ベルナレッダは家が貧しいため学校に通ったこともなく、教会で使用されていたラテン語も母国語であるフランス語の読み書きさえもできませんでした。
そのような少女がこのような言葉を知っていたのですから村の人々は驚きその出現を信じたのです。実際、ベルナレッダは字が書けませんでしたから、この言葉を聖母から告げられてからそれを一生懸命、忘れないように暗唱して戻ってきたようです。
その後、再び出現した聖母がベルナレッダに告げて洞窟に湧き出したとされるのがルルドの泉です。このルルドでは病気が治るなど様々な奇跡が起きたと言われています。
現在もルルドは聖地として信仰され、様々な人達が訪れています。



他にもある様々なメダイ


メダイはこのように聖母マリアや聖人などの他にも天使などをモチーフとした物もあります。
その中で有名なのは大天使ミカエルのメダイなどです。
この大天使はよく悪魔を踏みつけた姿で描かれることが多いのが特徴です。
大天使とは通常言われている天使を統べるような存在のことです。その姿の通り、邪悪なものから身を守ってくれ助けてくれるとされている天使です。
ミカエルはジャンヌダルクに話かけた天使であるとも言われ、フランスにあるモン=サン=ミシェルもミカエルの夢のお告げに従って建立されたとされています。モン=サン=ミシェルはユネスコの世界遺産にも登録されている小島の上にある非常に美しい教会です。
また、ミカエルの他にも健康や病気を治癒すると言われる大天使ラファエルや、お告げやコミュニケーションを司る大天使ガブリエルのメダイなどがあります。
メダイをお守りとして身に付ける人の中には強い守護が欲しい時はミカエル、健康にはラファエル、対人などのコミュニケーションをスムーズにした時はガブリエルのメダイなど使い分けて身につけることもあるようです。



まとめ


いかがでしたか?メダイは海外ではとてもポピュラーな物のようです。日本人にはお守りとしてはあまりピンと来ないかもしれませんが、アクセサリーとしてもおしゃれなので身に付けてみてもよいかもしれませんね!ではまた次回お会いしましょう!

参考
https://matome.naver.jp/odai/2139918632829405701
https://shop.thesacredsecret.com/?mode=f9
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%AB%E3%83%AB%E3%83%89

ライター:cosmos

元々は占い師志望だった30代女子です。駆け出しのフリーライターとして現在バリバリと仕事中。
得意な執筆分野は占い、ミステリー系などちょっと不思議系が多いです。