実は4匹でなく隠れた存在がいた?中国の伝説の四神のついて|女子ュラン

毎日をキラキラ輝かせてくれる、女の子のHappyが詰まったサイト、女子ュラン!

女子ュラン

毎日をキラキラ輝かせてくれる、女の子のHappyが詰まったサイト、女子ュラン!

実は4匹でなく隠れた存在がいた?中国の伝説の四神のついて

ライター:cosmos

  • 実は4匹でなく隠れた存在がいた?中国の伝説の四神のついて|女子ュラン

青竜、朱雀、白虎、玄武といえばアニメやゲームなどでよく登場する存在です。この伝説の存在は四神と呼ばれる中国の伝説の生き物です。しかしこの四神、4匹だと思われていますが場合のよっては別の生き物を加えることもあるそうです。そこで今回はそんな四神の隠れキャラについて御紹介します。


四神とはなにか




中国の昔の天文学では天球を赤道帯に沿って東方、北方、西方、南方に分けており、そこに伝説の存在である四神(四象)を当てはめました。この四神とは中国の神話で天の四方の方角や季節などを司る霊獣のことです。四つの霊獣は青竜、朱雀、白虎、玄武と呼ばれます。この幻獣達はまとめると以下のような事柄を表します。

food_img
青竜・・東方を司る、季節は春、色は緑(青竜の青は緑が茂るような意味合いをの色)、食べ物では酸っぱい物が該当する、人生の時期では若年期、青春時代を表す。運気が芽吹く時期を象徴し、非常にパワフルな存在であり、運気の流れを好転させて、金運、成功、出世、勝利などを呼び込む。竜でもあることから災いも払ってくれるとされます。

food_img
朱雀・・南方を司る、季節は夏、色は赤、食べ物では苦い物に該当します。時期では壮年期を表し、不死鳥であるフェニックスやインドのガルーダなどと同一視されることもあります。五色の羽根を持つ美しい鳥の姿をしているとされる。悪霊を追い払い、幸運を呼び込み、家運を繁栄させる。不死鳥であることから汚名挽回、起死回生、再起、信頼回復などの再チャレンジに力をかしてくれるそうです。他にも社交運、恋愛運などにも良いとされています。

food_img
白虎・・西方を司る白い姿の虎。季節は秋、色は白、食べ物では辛い物に該当します。人生の時期では熟年期に相当します。普通の虎が500年生きて霊力を持つと白虎になると言われています。月の女神とも関連が深いとされ、子宝、安産、子供、家族の安全を守る存在であるとされます。優れた行動力、リーダーシップ、金運、商売繁盛などの力を与えるとされています。

food_img
玄武・・北方を司る四神。亀に2匹の蛇が絡みついた姿をしています。季節は冬、色は黒、食べ物では塩辛い物が該当します。人生の時期では老年期に相当します。その蛇が絡んだ姿から厳しい状況に安定を与える力を持つとされています。運気を切り開いて、長寿、繁栄をもたらし、病気や災難を防ぐとされています。

このように古代中国では4匹の聖獣が崇められていましたが、実は場合によってはこれ以外にも伝説の獣が存在するようなのです。それが日本ではキリンビールのパッケージでおなじみの麒麟(きりん)です。もしくは応竜(おうりゅう)という存在がそれに代わることもあるようです。



麒麟(きりん)とは




麒麟は方位的には東西南北の中央を司る存在とされています。この位置には場合によっては上記した応竜が相応することもあります。麒麟は中国神話に表われる伝説の存在であり、あらゆる獣の長でいかなる獣も麒麟に逆らうことはできないとされています。姿は鹿に似ていて背丈は5mもあるとされます。顔は龍、牛の蹄、牛の尾を持つとされています。頭には角があるそうです。背中は五色や黄色であるとされ鱗があります。麒麟は麒がオスで麟がメスであるとされています。1000年生き、歩いた跡が円になって残るとされています。曲がる時は直角であるとも言われています。

性格は非常に穏やかであり植物を踏むことや虫に至るまであらゆる殺生を嫌います。あらゆる人の言語を理解できる優れた知能を持っているとされています。普段は優しい性格ですが、追い詰められた場合や邪悪な者に対しては炎を吹いて襲いかかるとされます。また、キリンは優れた王、統治者、徳のある人物の前に現れるとされており、徳川家康なども崇めている聖獣でもありました。

また、麒麟には実は5種の種類がいて中国の五行思想から来る色に対応していると言われています。それぞれ青→聳弧(しょうこ)、赤→炎駒(えんく)、白→索冥(さくめい)、黒→角端(かくたん)、そして黄色が麒麟であるとされています。



実際の動物キリンとの関連は


麒麟と聞いてまず考えるのはあのおなじみの動物との関連です。この両者は実はある逸話で繋がっています。1400年代頃の中国で時の皇帝がアフリカから連れてこられたキリンを目にします。皇帝はそれを見て伝説上の幻獣である麒麟に似ていると言ったそうです。このことがどのような経緯か日本にも伝わり今でもあの動物のことをキリンと呼んでいるようです。しかし実際の中国ではキリンとは呼ばれておらず長頸鹿、つまり首の長い鹿という風に呼ばれています。


まとめ




いかがでしたか?四神はもちろん中国の伝説には麒麟も深く関わっていましたね。この四神にあやかったデザインやいわれのある物を身に付けるとそのパワーがもらえると言われていますからぜひ探してみてはいかがでしょうか。

参考

https://spirituabreath.com/fuus@uishishinju-11581.html
http://www.youkaiwiki.com/entry/2013/10/29/170759


ライター:cosmos

元々は占い師志望だった30代女子です。駆け出しのフリーライターとして現在バリバリと仕事中。
得意な執筆分野は占い、ミステリー系などちょっと不思議系が多いです。