毎日をキラキラ輝かせてくれる、女の子のHappyが詰まったサイト、女子ュラン!

女子ュラン

毎日をキラキラ輝かせてくれる、女の子のHappyが詰まったサイト、女子ュラン!

お風呂はNG!?【毛対策】で印象アップ作戦!!

ライター:スタッフI

  • お風呂はNG!?【毛対策】で印象アップ作戦!!|女子ュラン

慌ただしい4月も終わり、ようやく身の回りが落ち着いた頃合いですね。
そういう時期になると5月病とまではいかなくても、どうしても気が緩んでしまうという物です。

お風呂に入って、さぁ除毛をしようという時も、ついうっかりいつもの剃刀をチェックしないまま使っていませんか?
湿気でサビていると肌がキズついてしまう可能性もありますから、油断は出来ないですよね。

かく言う私スタッフIもお風呂場で顔をゴリっと剃った所、スパッとご立派なカミソリ負けが…(´Д⊂

でも産毛ってメイクのノリが悪くなるって言いますし、処理は大事よね。としっかり学び直す事にしました!



やっぱり昔からの定番が好き!!


私はもっぱらたっぷりのムースとカミソリで剃るのが好きなのですが、とにかく手軽な所が良いですよね。
1本当たり300円~1000円前後とコスパも良いですし♪

お風呂場で体を洗いながらついでに毛もそっちゃおう!という方も、結構多いのではないでしょうか?

でもカミソリって、結局気を遣っていても皮膚に直接刃をあてているコトには変わりないですよね。

皮膚を削ってしまった結果、乾燥やニキビ等のヒドイ肌荒れの原因にもなるかも知れません(つд⊂)

さらに、ウワサでは【毛は剃ると増える】という言葉もあります。
モチロンこれは否定派の意見もあるワケですが…結論からいうと両方正しいという事になるのが不思議です。

毛の根元って太くて小さなホクロみたいに点々としていますよね。

その上の方だけをすっと切り離しているので、除毛してもまたすぐ生える=増えたような気持ちになる、というのが通説です。

自然に伸びた毛より剃られる事で伸びた毛は先端が平たくなり、濃くなった印象を持ちます。

でも実際の研究で、毛を剃ったマウスの毛が5~10%太くなったという結果もあるそうなので、やはりどちらとも言えない、というのが正解でしょうか。

では、少しずつでも着実そうに見える【1本1本抜く】という方法はどうでしょう?

実はこれが意外とメリットが多かったりします。

毛は抜く場合毛根部に刺激がありますが、表皮へは少なく済むと言われています。

しかも、毛乳頭に刺激が伝わる事で、毛が細くなると考える声もあるそうです。

確かに、一番最初の頃抜き始めた時は痛くて「二度とやるか!」なんて思ったりもしますが、慣れてくると抜けやすくなってカミソリより良いカモ?と思ったりもします。

でもどんな方法にもデメリットがあるように、毛は抜いてしまうと埋没毛(埋もれ毛)になってしまう可能性もあるようです。。

皮膚の下の所で毛が成長してしまう、一度生えた毛が皮膚に刺さりそのまま伸びてしまう、そんな例もあるようですね。

一度埋まってしまった毛はさわらぬ神に祟りなし、ですから出来るだけそっとしておくようにしましょう♪



やっぱり最強はレーザー!?


ひと口にレーザー除去と言っても、使う場所によって効果が異なる事をアナタはご存知ですか?

例えば、医療機関や指定機関などの脱毛法では、エステサロン等に比べると出力が高めです。

毛根そのものに対しての治療と言う考えですから、当たり前といえば当たり前ですが…
半永久的に再生しにくくなると期待されています。

ただし、短い施術時間に対して料金が高額の場合が多く、5分~30分程度で済んでしまうと逆に損したような気持ちになるという感想もあるそうです(^_^;)
保険適用外ですから、仕方がないっちゃ仕方がないんですがね。。

デメリットとしては、白髪や薄い毛には適さない事。
また日焼けやホクロ・シミ・アザ等がある場合、ヤケドの可能性も有り得ない話ではないそう((((;゚Д゚))))

レーザーを選ぶときは、他の人の評判もしっかり見極める事が大切です♪
エステ → 医療機関に比べ安価/通いやすい
医療機関→ 短時間で持続しやすい効果

自宅で簡単に行う方法としては、やはり石鹸で抑毛(徐々に毛をケアする)方法がオススメです。

市販品ですと、除毛クリームもよくありますよね。
泡って毛穴の奥まで入り込んでいきそうですから、効きそうな気は持てます。

ただし毛の主成分であるタンパク質を分解する成分が多く含まれている場合は要注意です(´Д⊂

何故ならタンパク質に刺激があるという事はお肌も荒れる可能性があるからっ

【チオグリコール酸】という成分が主成分として謳われている場合は、使用の前に何度もチェックを試しましょう!!
ヒリヒリするという場合は、皮膚がダメージを感じている証拠。辛い思いをしてまで使う必要はありません:(;゙゚'ω゚'):

脚や腕が大丈夫だったからとうっかりお顔に塗布して、腫れや炎症等を起こさない様気を着けましょう((; ・`д・´)

「痛くてもいいから一度にゴッソリ!!」
そういうワイルドな方には、除毛テープをお試し頂ければと思います。

成分によっては肌を傷つけにくいとされるものが配合されている物もあるそうですから…
【貼って→剥がす⇒エエッ!?Σ(´∀`;)】というインパクトが一番ありつつも後がすっきり出来そうですね。

ガムテープやビニールテープで無理やりにやるのはNGです!!

粘着質な素材は人によってかぶれ等が出やすい事もありますから、元々肌に触れるよう作られていないアイテムはそれこそ「さわらぬ神にたたりなし」なんです!!



男性が女性と接した時に気になる顔の部分を調査した結果、なんと1位は産毛だったそうです。

やはりこの時期こそ気を抜かないように毛を抜いていきたいと思いましたね(; ・`д・´)

欧米人の金に光るうぶ毛は自然なレフ板の効果で明るく演出してくれますが、ブルネットの場合は黒くあか抜けない印象に。

生理前後のホルモンバランス等をよく見定めて、毎月決まったタイミングで優しく剃るようにすると良いでしょう♪

最近では美容室で「お顔そり」という専門的な施術もあるそうですから、是非一度探してみてはいかがですか?

今日も最後まで読んで下さりありがとうございました(∩´∀`)∩
また次回も見て頂ければ嬉しいです!!

ライター:スタッフI

ピンク・ベアshopのブログ兼コラム担当。文章を書くのが好き。
コブクロを聴きながら毎日バリバリ書いていきます!!

Twitter