毎日をキラキラ輝かせてくれる、女の子のHappyが詰まったサイト、女子ュラン!

女子ュラン

毎日をキラキラ輝かせてくれる、女の子のHappyが詰まったサイト、女子ュラン!

【世界七不思議】インカ帝国は宇宙人が造った?

ライター:cosmos

  • 【世界七不思議】インカ帝国は宇宙人が造った?|女子ュラン

こんにちは!前回は謎の遺跡マチュ・ピチュについてお話しましたが、今回もこの遺跡を作ったインカ帝国のついてのミステリー情報です。

どうやら歴史的観点だけでなく不思議スポットとしてもこの地域は有名なようです。



インカ帝国の謎①謎のミイラは日本の土偶に似ている?


最近、ペルーのクスコでまるで異星人のようなミイラが2体発見されました。一体目は頭部のみで、グレーの皮膚、長い後頭部、2つの鼻孔、口が見て取れる状態であり耳はありません。

2体目は体が残っており、体長22cmと小柄で膝下まで届くほど手が長いのが特徴です。

ねつ造ではないかと言われましたが、X線写真で見たところ、骨や関節がはっきりと確認でき、故意に作られたものではないということが分かりました。

そしてこのミイラの一番気になるところはその目の部分です。まるで斜めに線が入っているような不思議な見た目をしているのです。

この見た目は日本で発見された遮光器土偶という物によく似ており、この土偶は古代宇宙人飛来説を信じる人の間では頭の部分はアンテナのついたヘルメットのような物であり、目の部分は光を遮るゴーグルを表しているのではと言われています。

一部、宇宙人研究者の間では太陽の光のとぼしい遠い惑星から来た異星人の姿なのではとも言われています。

この二つに明確な関連があるかは不明ですが、このミイラが本物だとしたら、もしかしたら土偶もそのような異星人をモデルの作られたのかもしれません。

また、これ以外にも3本指で長さが20cmほどもあるミイラ化した手も見つかっています。

分析の結果、この手の指には6つの関節が存在していることが判明したそうです。


インカ帝国の謎②クスコの遺跡の石は弘前城の天守閣と同じ重さ?


クスコはインカ帝国の都市ですが、そこに残る遺跡もおよそ当時の人間が造ったとは思えないものです。

このクスコにある遺跡はサクサイワマン城壁と呼ばれる場所なのですが、昔、スペイン人がモニュメントを作るために分解してしまったため、現在は一部しか残っていないのだそうです。

この残された城壁の石は一個、推定400トンの重さの物もあるそうで、この重さは日本にある弘前城の天守閣と同じぐらいというのですから、その巨大さが分かりますね。

さらにこの文明の巨石は大きいだけでなく、一つ一つがカミソリの刃が入る隙間もないほどにぴったりとくっついているのです。

ただ動かすだけでも大変なことですから、このような精度で巨石を重ねたのかは大きな謎なのです。

ちなみにこのサクサイワマン城壁は1438年頃に建造が始まったとされていますが、実際はもっと古い時代の物では?という見解もあるそうです。



インカ帝国の謎③謎の遺物オーパーツも南米が多い


オーパーツとは未だ用途が分からない古代人が残したミステリー遺物のことです。

有名なものは映画インディジョーンズなどに登場した水晶ドクロなどです。

この水晶ドクロはマヤ、アステカ、インカなどの南米地域で作られた物ではないかと言われており何に使われていたのかも不明です。

世界中に十数個あると言われており全て集めると何かが起こると言われています。

この水晶ドクロは下から光を当てると目に光が集中するようになっており、太陽光を当てると虹色に、ローソクの火にかざすと紫色に光ります。

また、目の部分を見ていると強い睡魔に襲われるとも言われています。

他にもこの周囲地域では黄金のスペースシャトルと言われる、見た感じは飛行機としか思えない形のオーパーツも発見されています。

一説にはインカより前の文明であるプレインカ文明(紀元500~800年)頃の物ではないかと言われています。

大きさは幅5cm高さ1cmでペンダントなどの装飾品として使用されていたのではという仮説が立てられています。

研究者が調べたところ、この形は航空力学的にも空を飛ぶのに適した形であることが分かったそうです。


南米の文明や知識は宇宙人がもたらした?


これ以外にも南米には王の棺に飛行機の操縦室のようなレリーフが描かれていたり、もしかしたら宇宙人との関わりがあったのかも?と思ってしまうような謎の遺跡や遺物がたくさん残されています。

南米にはインカを始め、その当時ではとても進んでいる天文の知識などがありましたが、これらは古い時代に人外の存在によって伝えられたのかもしれません。

また、南米の文明では戦争などの争いの痕跡もないのに、ある日突然一人残らず失踪してしまったという文明もあります。

このことについては様々な説がありますが、もし本当に宇宙人の存在が関わっているとしたらそんなこともあるのではと思えてきます。



いかがでしたか?南米は歴史だけでなくミステリー的な視点でも謎の多い地域のようですね。

信じるかどうかはあなた次第というような感じではありますが、想像力をかきたてられることは確かではないでしょうか。

参考
http://gakkenmu.jp/column/10734/
http://www.gibe-on.info/entry/out-of-place_artifacts/
http://asspra.com/%e5%8d%97%e7%b1%b3/365/

ライター:cosmos

元々は占い師志望だった30代女子です。駆け出しのフリーライターとして現在バリバリと仕事中。
得意な執筆分野は占い、ミステリー系などちょっと不思議系が多いです。