毎日をキラキラ輝かせてくれる、女の子のHappyが詰まったサイト、女子ュラン!

女子ュラン

毎日をキラキラ輝かせてくれる、女の子のHappyが詰まったサイト、女子ュラン!

選ぶ色で今の気持ちが分かるかも?色彩心理学

ライター:cosmos

  • 選ぶ色で今の気持ちが分かるかも?色彩心理学|女子ュラン

普段何気なく選んでいる洋服やアクセサリーですが、気がつくと同じ色ばかりになっているということはありませんか?

もちろんたんに好きな色ということもありますが、実はその色に現在の自分が無意識に求めていることや性格などの個性が表われている可能性もあるのです。

そこで今回はそんな不思議な色彩から分かる心理についてまとめました。


色彩心理学とは


色彩心理学とは2003年にアメリカで確立された心理学の一つです。その人の色に対する反応などを見て心理を研究する学問です。

このような形になったのは最近ですが、色に対する学問の起源自体はもっと古く、空海、ゲーテなどの宗教者や芸術家の他にもフロイト、ユング、アドラーなど心理学の専門家達も興味を持って研究していました。

例えばゲーテの著書、色彩論は有名で当時ニュートンなどの科学的分析に基づいて研究されていた色彩学でしたが、ゲーテはもっと人の見方や感じ方を考えた上で色彩を研究すべきだと主張しました。


色彩には原初的イメージがある


色は国や文化、宗教、個人の体験によってもイメージするものが違いますが、この地球上に生きる上で人間が共有している色というものもあります。

例えば太陽を見て青色をイメージする人はあまりいないと思います。

多くの人は赤やオレンジといった色を思い浮かべるのではないでしょうか。つまり人間がいわば本能や無意識の中に持っている色に対するイメージがその人の性質、パーソナリティを知るきっかけになることもあるのです。

また特定の色を意識して身にまとうことで相手の印象を変えることもできます。



色の原初的なイメージ


赤・・・炎、太陽、血、生命力、情熱、活力、エネルギー、生命、危険、欲求、本能、怒り、攻撃

この色を選びやすい時、やる気や元気を必要としている時、もしくは自分が活力に溢れている時など


オレンジ(橙)・・・柑橘系の果物、陽気、高揚感、社交的、お人好し、楽しい、親しみやすい、この色を選びやすい時、明るさ、楽しみなどが必要な時、前向きになりたい時など


黄色・・・ひまわり、光、希望、喜び、自己アピール、明るい、無邪気さ


黒との組み合わせはトラやハチをイメージさせ危険をイメージさせる。

この色を選びやすい時、知的好奇心に溢れている時、子供をイメージさせる色でもあるので、誰かに頼りたい気持ちも表す。


緑・・・草木、木々の色、やすらぎ、バランス、安心感、リラックス、自然、平和、健康

この色を選びやすい時、心の安らぎを得たい時、または本人が穏やかな傾向の性格の人であることも、どちらかというと保守的でおとなしい人が選びやすい


青・・・水、海、誠実さ、冷静、クール、清涼感、さわやか、透明感、落ち着き

この色を選びやすい時、集中力や冷静さが欲しい時、頭脳労働など集中が必要な作業時に適した色


紫・・・赤と青の両方を合わせ持った色、宗教者、ヒーラー、高貴、崇高、雅(みやび)威厳、静寂、病的

この色を選びやすい時、二つの心の葛藤のバランスを得たい時、心身が疲れている時、もしくは精神的に高尚でありたい人なども選びやすい


ピンク・・・愛、恋愛、可愛らしさ、女性らしさ、思いやり、幸せ、甘いイメージ

この色を選びやすい時・・・恋愛をしたい時、もしくはしている時、幸せになりたいと思う時、甘さをイメージさせるのでダイエットには不向きな色


白・・・浄化、純粋、無垢、スタート、繊細、潔癖、虚無感

この色を選びやすい時・・・人生を再スタートしたい時、しがらみを断ち切りたい時、緊張感や強迫観念、自分自身を守りたい気持ちの表われの時も


黒・・・威厳、重厚、圧迫感、強さ、強い意志、不安感、自己確立

この色を選びやすい時、黒ばかり選ぶのは精神的に問題を抱えている可能性もある。
心を閉ざしている、他にも黒によって高級感やフォーマルなイメージを与えたいなど


グレー・・・地味、控えめ、落ち着いている、わびさび、憂鬱、陰気、優柔不断

この色を選びやすい時、生気がない時、やる気がない時、あまり目立ちたくない時


茶色・・・大地の色、安心感、落ち着き、ぬくもり、堅実、地味、忍耐、頑固

この色を選びやすい時、安心感を与えたい、もしくは得たい。落ち着いた印象を与えたい人生にあまり刺激を感じていない時


ゴールド・・・金や豊かさを表す色、自己実現、達成感、自尊心、不変、輝く

この色を選びやすい時、失った自信を取り戻したい、自分に注目してほしい時


銀色・・・上品なイメージの色、金属感のある色、シャープ、洗練、都会的

この色を選びやすい時・・・洗練された大人のイメージを与えたい時、知的に見えたい時他の色となじみやすい色なので自己主張しすぎない協調性を表すことも



いかがでしたか?色にはたくさんのイメージや印象がありましたね。

今回ご紹介したのは色の中でもメジャーなもので、もっと深い分類、例えばピンクならコーラル、マゼンタ、青系ならターコイズ、ロイヤルブルーなどもあるようなので、興味を持ったならぜひ調べてみてくださいね。

意外な自分の一面が見つかるかもしれませんよ。

参考、引用
http://www.i-iro.com/psychology

「本当の自分がわかる!人生が愉しくなる!色の心理学 」著者、佐々木仁美

ライター:cosmos

元々は占い師志望だった30代女子です。駆け出しのフリーライターとして現在バリバリと仕事中。
得意な執筆分野は占い、ミステリー系などちょっと不思議系が多いです。