毎日をキラキラ輝かせてくれる、女の子のHappyが詰まったサイト、女子ュラン!

女子ュラン

毎日をキラキラ輝かせてくれる、女の子のHappyが詰まったサイト、女子ュラン!

  • 2016/12/15 >>
  • Food

基本の大根ステーキの作り方♪

ライター:スタッフI

  • 基本の大根ステーキの作り方♪|女子ュラン

コンビニをふと見ると、でかでかと「おでん」のノボリが立っているこの季節。
寒い日だからこそ、暖かいツユのしみた料理の美味しさがより一層際立つ気がします。

どうも、ピンク・ベアshopのコラム担当スタッフIです(*´σー`)

突然ですが、アナタはおでんの具って何が好きですか?
私は断然ちくわぶ派なのですが、実は普段だったら苦手な部類の筈の大根も好きだったりします(∀`*ゞ)

風邪を引いた時には大根おろし!
なんて人もいるくらい、古くから私達日本人に愛されてきたまさしくソウルフード的存在の大根。

手軽に食べるならおでんは最適かも知れませんが、今年の冬はちょっと一風変わった味わいにチャレンジしてみませんか?

という事で!!今日のテーマはおでん…じゃなく【大根料理】の掘り下げでいきたいとおもいます♪



給料日前の強い味方!!


大根って、独特の辛みがあって苦手という方も多いと思うんです。
現に私がその中の一人でもあるワケですが…

この“辛み”の成分イソチオシアネートは、なんと喉の炎症に効果的!?
イガイガしている喉をすっきり快適にしてくれるとも言われているんです♪

それなら、ちょっと無理でも体調悪い時には積極的に摂取した方が良さそうですね…
しかも大根って、1本あれば以外と長持ちしますから、給料日前には本当に重宝します。

では実際食べるとしたら、どう調理すれば苦手な人でもパクパクいけるようになるのか!!

そのヒントを持っているのが、ここのコラムではもはやお馴染み!
ある2つの調味料です。なんだと思いますか…?

そう!≪焼肉のタレ≫と≪生姜焼きのタレ≫です!
さらに言えば、≪すき焼きのタレ≫でもOK♪

1.5cm~2cm程度の厚みに大根を切り、表面に切れ目を入れます。
片面はピザのようにナナメに線を入れ、もう片面は格子状に。

タレのしみこみ具合がグッと変わってくるので、約3mmくらいまでしっかり包丁を入れましょう。

ここでそのまま焼いてしまっても勿論良いのですが…
私スタッフI、火加減の自信ゼロ…

最初から全力の強火で外はコゲコゲ中はガッチガチの生なんて事が経験上あるので:(;゙゚'ω゚'):
今回は耐熱容器に入れて外側何ミリかが透明感に包まれるまでチンします!

予め熱を通しておく事で、焼くときの時短にも繋がるんです(`・∀・´)

味付け(タレ)に合わせてフライパンに引く油を変えるのがポイントですかね。
ゴマ油を薄く引くも良し、普通にサラダ油でもOKです!
ココナッツオイルにすると、香ばしさがプラスされる気がします(人´∀`)

大根のフチに焦げ目がつき、こんがりしてきたらひっくり返しましょう。
全体が焼き色になってきたら、タレをかけて汁気がなくなるまで煮詰めてください。

たったこれだけですが、おつまみにも最高!?
まるで居酒屋のようなメニューがご自宅で簡単に作れます♪

夏はベランダでビール片手に食べるなんていうのもオツなものですが…

冬はコタツでワイン片手にのんびり召し上がるのもアリだと思いますヾ(*´∀`*)ノ



まだまだあるぞ!!アレンジ術!?


ここまで基本の大根ステーキの作り方をご紹介したワケですが、ただ毎回タレをローテーション組んで食べるのも飽きてしまいますよねorz

食材(大根)自体を買えれば良いというのもあるかも知れませんが…
インフルエンザもはやりだしている昨今、風邪対策ならやっぱり大根って外せないと思うんです。

それなら、飽きないように色んなアレンジを知っておけばOKなのでは!?
というワケで色々調べてみましたのでシェアします。

基本の大根ステーキ(レンジでチンするまで)は過程が一緒だとして、

【バターで焼き、麺つゆで煮絡めた後、チーズを乗せオーブンで焼く】
とろけるチーズの中から、しゃりっと爽やかな食感がこんにちは!?
和洋どちらの良い所も集めた贅沢な一品に早変わりです♪

【焼き目をつけてから、荒熱を取り、ポン酢と大葉・鰹節をかける】
ひんやり涼しく瑞々しい楽しみ方が出来ます!
暖房のついた部屋でアイスを食べるような、そんな冬の過ごし方に♪

ちなみに…大根ステーキで検索してみますと、“味噌マヨが一番合う”という意見も出てきました!

味噌とマヨネーズを1:1で混ぜ合わせ、焦げ目のつけた大根にかけて食べると良いんだそうです♪
クリーミー×ジューシーですし、何より煮詰めていない分味がしみないので、作り置きもしやすそうですね。

いろいろ試してみた中では、個人的には【柚子こしょう】だけでも普通にアリだなっと思いましたね。

また、タレやツユの量を多めにする事で、大根も十分な水分量をとってくれるので、よりジューシーさがプラスされます!

ただしその分だけ熱が逃げにくく、舌をヤケドする可能性もあるので、お皿の上で少しずつほぐして食べる事をオススメします(;・∀・)

しっかり日を通す事で、大根が苦手なお子様でも安心して食べられる食感になると思いますので、是非今冬一度お試しください♪



いかがでしたか?

こんな謎フランベは必要ないですが、大根ステーキは本気で下処理や味付けをすればお肉に匹敵する料理にもなり得ます。
今回ご紹介させて頂きましたのは、時短で簡単に再現出来る方法の一つに過ぎません。

もし、お休みの日にゆっくり料理でもしてみようかな、なんて思う事があったら…
本格的な野菜ステーキに挑戦してみるのも、一つの手かも知れませんね♪

大事なのは、火加減に自信がない場合は電子レンジを併用する事!です。
人の数だけさまざま存在する味付け。何か良い案がありましたら、是非私スタッフIに教えてくださいね(*´σー`)

今日も最後まで読んで下さりありがとうございました(∩´∀`)∩
また次回も見て頂ければ嬉しいです!!

ライター:スタッフI

ピンク・ベアshopのブログ兼コラム担当。文章を書くのが好き。
コブクロを聴きながら毎日バリバリ書いていきます!!

Twitter